この間、女優アンジェリーナ・ジョリが両乳房の全摘手術と再建手術を受けたことを公表し、衝撃が走った。

遺伝子検査で、自分もがんになる可能性が高かったのだという。

世間の女性にもこの報道で、乳がんと向かい合っていきたい為の取り組みが話題になっいるようですが、これは女性たげの悩みと思われがちですが、実は男性にも無縁なことではありません、、、、

統計上、男性の乳がんの発生率は女性の百分のーであることがわかっているから、男性のリスクが少ないとは言えません。

中国医学の中に、大切な理論のーつは“未病先治”、現代では予防医学の分野で、すなわち体を丈夫にし、病に侵されにくいこととの考え方があります。

その中で、まず東洋医学の考えから、乳がんの発生は、肝・腎の気の流れが問題に生じ、それから変わて来る諸症状のーつだとされてきました。

様々な要因はある中、一番大事で、簡単明暸なことはーつなのです、それはストレスや不養生にならないよう、しかも情緒管理が大切であり、ため息や怒りかちなど妥持ちが高揚しすぎると、肝・腎に傷がつきやすいので、これをコントロールするようにしましょう。

一方、積極的に関連経絡ツボの施術で、健康体を作り出し、病気にならないヨウに当院がお手伝いすることが色々ありますから、まずはご相談からでもお気軽にどうぞ。

カテゴリー: 未分類